記念楯の相場
2017.04.24

紐の付いたメダル記念楯を作るにあたって気になるのはそのお値段でしょう。既存のデザインがあれば安く済むかもしれませんが、大抵は何かを表彰する楯としてのものが多いかと思います。記念日として贈るならば、その記念の文字、日付、名前を添えて贈りたいと考えます。となると、それに合わせてデザインしていくことになるので、どうしてもその分値段が上がってきます。ここではどれくらいの相場になっているのかを見ていきましょう。

一番安いものですと木製の記念楯になります。とても軽く、気軽に渡せるシンプルなデザインのものが多いですね。安いものですと5000円をきるものがあり、とてもリーズナブルで注文しやすいですね。ですが安いものでこのお値段なのですが、少し凝ったものになると6000円から8000円くらいになり、しっかりとしたものになると1万円を超えてきます。どうしてここまで高くなってくるのかといえば材料とかもありますが、本のように二つに分かれて開閉が出来るものであったり、あるいは土台も一緒になってしっかりと飾れるようになったりしているものが高くなります。

他にはアクリル製もよく楯として見かけられますね。透き通った質感が特徴で、全面アクリルで文字を彫ったものや、シンプルなデザインや繊細なデザインで仕上げられた一品です。木製と比べるとやはり少々値段が上がり、安くても7000円前後になってしまいます。そして基本は大抵1万円を超えてしまうのですが、その分見た目の良さ、あるいは特別感が味わえ、記念楯としての良さが際立つでしょう。

そんなアクリル製よりも更にゴージャスさを感じさせるのがクリスタル製の記念楯でしょう。あるいはガラス製といってもいいでしょうか。こちらもまた透き通った一品であり、形状もただの四角なものだけでなく、自由さを感じさせる形状で注文できますので、より一品物であると感じさせます。そしてアクリル製と違い、クリスタルの楯に文字や柄を刻印して仕上げたものがほとんどなのが特徴です。それ故にシンプルさを感じさせますが、逆にそれが高級感を出しているといってもいいでしょう。事実サンプルを見てみるとクリスタルの楯に白い文字や柄が映え、とても綺麗な一品に仕上がっていると感じさせます。そのお値段はやはり基本的に1万円を超え、中には2万円を超えるものもあります。とても高級なものに感じさせます。でもだからこそ記念品に楯は相応しいといえるのではないでしょうか。特別な日に特別なものを。それを象徴する記念楯なのです。

▲ ページトップへ