女性に人気の記念楯
2017.04.24

台の付いたメダル近年の記念楯の需要の高さにより、実に様々な人が何かの記念に楯を注文するケースが増えてきました。それによって様々な素材から作られる楯、形が違う楯、デザインが違う楯と記念楯にも様々な種類が増えてきました。それによって選ぶ楽しみが増えてきたのはいいことでしょう。そして記念楯は女性に贈るケースもあります。普通に記念楯を贈ってもいいですが、女性が喜びそうなデザインをした記念楯を贈れば、より喜んでもらえるでしょう。どういった記念楯が女性に喜ばれるでしょうか。

見た目の美しさでいえば、やはりガラス製やクリスタル製のものが目を引きます。少々重量があるかもしれませんが、少し小さいものならば手にしても問題はなさそうです。近年では技術の進歩により、記念楯の彫刻方法として2D加工が確立されました。特殊レーザーを用いてクリスタル内部に彫刻することにより、彫刻部分は半永久的に劣化することがありません。見た目は美しく、それでいて贈りたい言葉、名前を刻むことが出来るのです。それだけに費用がとても高いですが、記念ものとしてはとても価値がありますね。

ガラス製に比べると軽く、デザイン性も豊富なものがアクリル製になります。ガラス製と同じく透明性の高いものもありますが、色がカラフルでポップなデザインに仕上げる事も出来るものもあり、汎用性に富みます。それを生かしたデザインに仕上げることが出来るので、贈りたい相手の好きそうなデザインに仕上げることが可能です。元からあるデザインのテンプレートを組み合わせて楯を作り上げていくことも出来るので、比較的費用を抑えられます。

またカラー印刷や写真を楯に出力することも出来るようになっています。自分の持っている写真を記念楯へと出力し、何らかの記念を祝う文字と名前を刻んで贈るというものです。例を挙げますと結婚記念日を祝うために楯を用意したいというケース。この場合ならば結婚式の写真を出力し、結婚記念の楯として仕上げるのです。あの日の思い出と、これから積み重ねていく記念日を祝う結婚記念の楯。まさしく二人の記念を祝う一品物の楯です。

一例としていくつか挙げましたが、人には好みがあります。多くの女性が好きそうなデザインというものは確かにありますが、それが贈りたい女性に合っているかどうかはまた別の話です。贈りたい女性が好きそうなもの、あるいはこういうのが好きだな、というリサーチはしっかりしておきましょう。その上で予算とお店と相談し、思い出に残る記念楯を作りましょう。

▲ ページトップへ